夏の紫外線対策でスキンケア。

ビューティー顔のスキンケアで気になることといえば、ニキビや乾燥、しわなどがあると思います。

しかし、夏場に一番気になるのは、シミやそばかすではないでしょうか。

シミやそばかすは若いうちでもできる可能性は十分にありますし、一度できてしまうとなかなかなくなりません。

そこで、夏の紫外線対策をご紹介します。

夏場はまず、日焼け止めをぬることが大切です。

とはいっても、日焼け止めのぬりすぎも肌をいためてしまうこともあります。

そこで、顔には、紫外線予防効果のある化粧下地をぬりましょう。

日焼け止めよりも顔の肌のことを考えて作られているため、肌をいためる可能性も低いです。

また、日傘を差すことを忘れないようにしましょう。

そして、時間に余裕を持って家を出るようにします。

時間に余裕を持つことで、ゆっくり歩いて、汗をかかないようにし、汗で化粧が落ちないようにします。

また、日陰を遠回りしてでも歩くことにより、紫外線を防ぎます。

下地だけでは紫外線を完全に防ぐことはできません。

対策はしすぎて悪いことはないのです。

これらの方法で紫外線対策をしっかりして、シミやそばかすを防ぎましょう。

更にもう一つ重要なのは、帰宅後のスキンケアです。

ばっちりメイクをしっかり優しく落として、洗顔シャンプーでしっかり優しく洗ってあせも落として、化粧水をしっかりつけましょう。

紫外線対策をばっちりしたら、その後のスキンケアもばっちりすることが大切ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です