タイトな服が好きで気付いたら膝が黒ずんでいた

スカートが好きで10代の頃からミニスカートをよく履いていました。
年齢と共に少しずつスカートは恥ずかしくなってきたのですが、その頃スキニーなどタイトなパンツが流行り出して、足の形がかっこよく見えるところが気に入って頻繁に履いていました。
ある時、スカートを久しぶりに履きたくなって履いてみたものの、鏡に映った姿を見てびっくりしました。
膝が真っ黒になっていて、スカートはとてもじゃないけれど恥ずかしくて履けません。
ですが膝下のスカートは可愛いくないですし、どうしても膝上のスカートが履きたくて厚手で肌の色が透けにくいストッキングを履いてスカートを履くことにしました。
それでもうっすらと膝の黒ずみが見えてしまうのですが、ごまかすためにラメ入りやカラータイツなどを履いていました。
ストッキングを履くと急におばさんぽくなるのが嫌で、膝の黒ずみを落とそうとお風呂で擦ってみたり、かかとに使う軽石でこすったりと試しましたが全く効果がありません。
あとで知ったのですが、膝の黒ずみは汚れというよりは摩擦による刺激でメラニンが過剰に発生したことが原因です。
おそらく気に入って履いていたスキニーパンツのせいで少しずつ膝が摩擦で黒ずんでしまったようです。
スカートを履くのが恥ずかしくなってパンツばかり履くようになってしまったので、膝の黒ずみは改善するどころか悪化する一方です。
摩擦が原因と気付いてスキニーパンツを履く頻度を減らしたところ、ほんの少しずつ膝黒ずみ解消に近づきました。
タイトな服が好きで気付いたら膝が黒ずんでいた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です